目指せ!“すいかの達人”

\ 倉吉すいか新規生産者募集/

「倉吉西瓜生産部会」は、鳥取県中部にある倉吉市のスイカ生産者130名が所属しています。
約88ヘクタールで栽培され、令和2年は11億円の販売額を達成しました。
現在、生産部会としては販売額16億円達成という目標を掲げており、新たな仲間を県内・県外問わず募集しています。
農業初心者でも、安心して栽培に取り組めるようにサポート体制を整えていますので、ぜひ、ご応募ください

倉吉西瓜生産部の研修生募集要項

スイカ作りは幸せな生活のためにあります。
頑張って成果を挙げれば、高級車に乗る、家を建てる、旅行に行くなど、人それぞれの幸せの形がきっと実現できます。
一緒にスイカを作り、幸せな人生を送りませんか。

西瓜求人01
西瓜求人02

募集人数

年間最大2名※応募後に審査を実施します。

応募要件

◎心身が健康 ◎地元の人と交流ができる ◎倉吉市に居住 ◎年齢55歳未満 ◎起業のための資金がある(300万円以上)◎就農後「倉吉西瓜生産部会」に加入 ◎家族の理解・協力

応募要件

2年 スイカ栽培は高い技術が必要なため。

就農までの流れ

就農までの流れ

先輩からのメッセージ

新規就農担当役員:就農8年目・中川晋詞さん

【年間2㌶栽培(ハウス70㌃)、常時雇用3人】
●きっかけは?●
出身は非農家。農業関係のアルバイトの経験があり、興味があった。農業は楽しそうと思い、自分で始めることを決意、H22年に就農。
●メリットは?●
頑張りに応じた見返りがある。また、朝早く作業して昼は子どもと遊ぶなど、時間を自由にできる。
●メッセージ●
成功のコツは「わからないことは素直にアドバイスを求める」こと。わからないことを素直に聞けるかどうかがすべて。先輩は、聞けばいろいろ教えてくれますので、そのために普段からのコミュニケーションを大切にしてください。

中川さんの生活

中川さんの1年(例)

就農サポート体制

萬場さん

指導部長兼新規就農担当:
萬場 和文

●生活面もしっかり面倒●
新規就農者の研修サポートは「青年部」が中心。30~40代の若手が多く、経験はベテランから中堅まで様々。研修中~就農後も、農業から生活面までしっかり面倒を見ますよ。親方となる受け入れ農家以外でも気兼ねなく、相談をしてくださいね。

三舩さん

副部会長兼農地担当:
三舩 浩司

●農地の斡旋は任せて●
農地は世話役の農地中間管理機構に私が仲介します。私もIターンで帰ってきた身。農地が集まらない苦労はよく分かります。辞める生産者からの引き継ぎなど、関係機関と情報を密にして、いい農地を斡旋できるよう務めます。

お問合せ

●倉吉市役所 農林課 TEL:0858-22-8157  FAX:0858-23-9100
●中部農林局 倉吉農業改良普及所 TEL:0858-23-3191  FAX:0858-23-3198

ページトップへ