生産部会の紹介

生産者よりごあいさつ

JA鳥取中央 倉吉西瓜生産部会は124戸の農家が92ha(東京ドーム19個分)ですいかを栽培する県内有数のすいか産地です。3年連続で販売金額10億円を突破するなど活気にあふれており、新規就農者も増え続けている勢いのある生産部です。

    倉吉すいか 78ha

    極実すいか 10ha

    抑制すいか 3ha

    こがねすいか 1ha

 県内外での就農相談会への積極的な参加や、生産者自らが研修生を受け入れ、就農までの受け入れ体制を整えるなど、あらたな農業の担い手を増やす取り組みを行っています。

 選果場では、品質安全対策として、総勢30名の検査員体制による全量検査に加え、光センサーを導入し糖度11度以上の基準をクリアしたものだけ出荷されるよう品質対策を行っています。

 生産者とJAや行政などの関係機関が協力しながらすいかの品質向上をめざし、おいしいすいかを消費者の皆様にお届けします。

JA鳥取中央 倉吉西瓜生産部会

倉吉すいか生産者2020年

事務局概要

事務局

JA鳥取中央 中央営農センター 果実園芸課 (問い合わせ期間:1月~5月、8月~12月)

所在地 〒682-0946 鳥取県倉吉市横田150
連絡先

TEL(0858)29-6183 / FAX(0858)29-6185

〒682-0946 鳥取県倉吉市横田150 (問い合わせ期間:1月~5月、8月~12月)
TEL(0858)29-6183 / FAX(0858)29-6185

  

施設名

JA鳥取中央 倉吉スイカ選果場(開所期間:6月~7月下旬)

所在地 〒682-0643 鳥取県倉吉市下福田910-1
連絡先

TEL(0858)28-3000 / FAX(0858)29-6185

〒682-0643 鳥取県倉吉市下福田910-1(開所期間:6月~7月下旬
TEL(0858)28-3000 / FAX(0858)28-3012

ページトップへ